NDIRセンサー用ランプの原理

NDIRセンサー用ランプの原理 NDIRセンサー用ランプの原理は、非分散型赤外線吸収法という赤外線の放射吸収の原理を応用したものです。分子の持つエネルギーレベルが同等であれば、同じ波長のエネルギーを吸収しますので、この性質を利用してセンサーとして活用しているということです。ですから、NDIRセンサー用ランプは、スペクトル分析によってガスやその他の物質を検出しているということになります。この方法を利用することで、微細な違いも読み取ることが可能なため、様々な干渉を避けてある特定の物質の正確な分析を行うことが出来るため大変有効なのです。

NDIRセンサー用ランプは検出レベルも安定しており、耐用性も高いので、様々な用途に利用していけるとして注目を集めているセンサー用ランプです。研究機関の環境調査や工場の品質チェックなどにもすでに活用されていますが、さらに用途を広げていけると考えられていますので、自社の業務にも取り入れていけないかどうかを検討してみてはいかがでしょうか。

NDIRセンサー用ランプの回路を利用したガス測定

NDIRセンサー用ランプの回路を利用したガス測定 NDIRセンサー用ランプは光の減衰に応じてガス濃度を測定する回路で、検出感度を維持することが必要とされています。ガス検出方式には熱伝導式、半導体式、NDIR式などがありますが、NDIR式は様々なガスに対応することができ、高感度であり長期間安定しているというメリットがあります。NDIRセンサー用ランプは幅広い用途に利用することができるように様々なタイプがあります。

一般の光源用ランプと異なるとこはフィラメント位置精度の高さと赤外線量の安定性や応答速度があげられます。これらニーズに応じた高度な品質と高い技術力が求められていることから、高い精度と安定性、耐久性も必要とされることになります。そのため赤外線ランプをフィラメントからすべて管理して厳しい環境に耐えられるようにしているものが主になっています。これらは自動車の排気ガスや工場の排気ガスなどCo2レベルの測定、室内環境のモニタリングに利用されています。

新着情報

◎2024/2/13

情報を更新しました。
>NDIRセンサー用ランプの科学技術革命について
>NDIRセンサー用ランプの内部情報を理解して効果的な活用を
>NDIRセンサー用ランプの検査時間はどれぐらいなのか
>施設にNDIRセンサー用ランプを設置するメリット
>NDIRセンサー用ランプはどのような物質に反応するのか

◎2022/6/20

情報を更新しました。
>長期間二酸化酸素濃度を計測する業種で用いられるNDIRセンサー用ランプ
>NDIRセンサー用ランプのメリットについて
>NDIRセンサー用ランプのデメリットとはメリットとの比較
>NDIRセンサー用ランプがおすすめとされる理由
>NDIRセンサー用ランプの寿命はどれくらいか

◎2019/12/23

LEDを使ったNDIRセンサー用ランプ
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

NDIRセンサー用ランプの性能
の情報を更新しました。

◎2019/4/24

NDIRセンサー用ランプの活用
の情報を更新しました。

◎2019/2/7

NDIRセンサー用ランプのスペック
の情報を更新しました。

◎2018/12/11

NDIRセンサー用ランプの原理
の情報を更新しました。

◎2018/11/9

サイト公開しました

「センサー 回路」
に関連するツイート
Twitter

ソニーG、3次元積層技術で画像センサーをより賢く - 日本経済新聞 画素部と信号処理回路を別々のチップとして製造し、貫通電極(TSV)で積層する手法を2012年に実用化してから10年余り。目下挑んでいるのが、論理回路チップを2枚積層する構造だ。AIなどの機能を取り込み、CMOS

「目下挑んでいるのが、論理回路チップを2枚積層する構造だ」 ソニーG、3次元積層技術で画像センサーをより賢く - 日本経済新聞

* AI処理に特化したチップとそれ以外を切り分けるなどの構成が可能 まとめ ソニーGは3次元積層技術を活用し、画質とAI機能を兼ね備えたCMOSイメージセンサーの開発を進めている。論理回路チップを2枚積層することで、顧客が求める機能をより豊富に盛り込み、より賢いイメージセンサーの実現を目指す。

* 画素部と論理回路を分離し、それぞれ最適なプロセス技術で製造 AI機能 * 2020年には「インテリジェントビジョンセンサー」を製品化 * AI処理に特化した回路(DSP)などを論理回路チップに集積 論理回路を2枚積層 * 顧客からの要望に応じて、論理回路をもっと増やす

ソニーGが3次元積層技術でCMOSイメージセンサーをより賢く * ソニーGはCMOSイメージセンサーで3次元積層技術に磨きをかけている * 目標は論理回路チップを2枚積層し、AI機能などを搭載すること 積層型CMOSイメージセンサー * 2012年に業界初の積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS」を実用化