NDIRセンサー用ランプのスペック

NDIRセンサー用ランプのスペック NDIRセンサー用ランプのNDIRは非分散型赤外吸収の意味を持ち、ガスが持つそれぞれの特有の赤外線吸収波長用の計測に最適な製品です。最近は近赤外線から中赤外線の波長体を照射するNDIRセンサー用ランプが登場しています。一般的な光源用ランプとは異なり、フィラメント位置の精度の高さ、赤外線量の安定化、そして応答速度が速いなどの特徴があります。
ニーズに応えることができるランプ製造には高度な製造技術が必要で、世界には数社ほどしかないとも言われているのが現状です。しかしながら、必要な照射量を確保する製品、ニーズに合うサイズの製品は数社しかない企業の中でも可能ににします。動車の排ガス測定を初め、アルコール検知やガス・火災検知、車内や室内などの環境モニタリングなど幅広い分野でNDIRセンサー用ランプの活用が行われています。幅広い分野で活用が可能になるなどからも、サイズはニーズに合うものを利用できることにも繋がるわけです。

NDIRセンサー用ランプの能力ってどれくらいある?

NDIRセンサー用ランプの能力ってどれくらいある? NDIRセンサー用ランプのNDIRはNon Dispersive InfraRed(非分散型赤外吸収)の略でガスがもっているそれぞれ特有の赤外線吸収波長を利用した計測方法に使用されている特徴があるといわれています。
NDIRセンサー用ランプは、一般光源用ランプと異なるのでフィラメント位置精度の高さと赤外線量の安定性、応答速度が速いなどという能力の特徴があります。したがってNDIRセンサー用ランプは自動車の排ガス測定や車内・室内環境のモニタリング、ガス・火災検知を行える能力があるのです。他にもアルコール検知や冷媒ガス・温室効果ガス計測などを行うことができます。高い精度と安定性、耐久性が求められるので、安定した赤外線出力や位置精度の高いフィラメント、小型・長寿命で優れた耐震、耐衝撃性があります。NDIRセンサー用ランプは国内自社工場で一貫生産しているので、トップクラスの品質を保っている製品であるといえます。

新着情報

◎2024/2/13

情報を更新しました。
>NDIRセンサー用ランプの科学技術革命について
>NDIRセンサー用ランプの内部情報を理解して効果的な活用を
>NDIRセンサー用ランプの検査時間はどれぐらいなのか
>施設にNDIRセンサー用ランプを設置するメリット
>NDIRセンサー用ランプはどのような物質に反応するのか

◎2022/6/20

情報を更新しました。
>長期間二酸化酸素濃度を計測する業種で用いられるNDIRセンサー用ランプ
>NDIRセンサー用ランプのメリットについて
>NDIRセンサー用ランプのデメリットとはメリットとの比較
>NDIRセンサー用ランプがおすすめとされる理由
>NDIRセンサー用ランプの寿命はどれくらいか

◎2019/12/23

LEDを使ったNDIRセンサー用ランプ
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

NDIRセンサー用ランプの性能
の情報を更新しました。

◎2019/4/24

NDIRセンサー用ランプの活用
の情報を更新しました。

◎2019/2/7

NDIRセンサー用ランプのスペック
の情報を更新しました。

◎2018/12/11

NDIRセンサー用ランプの原理
の情報を更新しました。

◎2018/11/9

サイト公開しました

「センサー スペック」
に関連するツイート
Twitter

返信先:手軽さだけで言うとその通りなんやけど、近距離撮影は問題ないんやが、スマホの望遠スペックはクソやし、色彩とかはやっぱりカメラのCMOSセンサーのがめちゃくちゃええんや

Galaxyの今後のカメラスペックの希望 無印、Plus 広角に1/1.3センサー 望遠に60mm 1/1.56 200MP HP5 (2.5倍からデジタル2倍で5倍望遠も50MPで撮れる) Ultra 広角はLYT900+可変絞り 望遠は70mmの強化と120mmにはHP5を搭載(F値を多少高めて) →Ultraはカメラバンプを巨大化し、それが嫌ならPlusにする

J-SH04は11万画素のCMOSセンサーカメラと256色表示可能な130×96ドットのメインディスプレイ搭載で、内部メモリは200KB 今見たら使えんのか?それみたいなスペックだけど、当時はすげーすげーって使ってたんだよなあ。

単なる「センサー式の機銃」の枠を超え、通信網の補助、高性能AIの搭載、索敵補助…以前と比べればそのスペックの差は歴然であった。 「いずれ、買い替えなきゃかもなぁ…」 有事など起きたこともない国で、ただ部屋の隅に据えられたまま埃を被る🦇を見て、溜息をついた。

ただ、スペックだけで考えないようにしないとなあ、とも思います。イメージセンサーのサイズやレンズの明るさも大切だけど、「これくらいボケれば十分かな」とか、「ちょっと輪郭が残るこの感じがいいな」とか、そういう自分の感覚も大切にしつつ、ニーズに応えられる写真が撮れるようになりたいです。