NDIRセンサー用ランプの構造

NDIRセンサー用ランプの構造 NDIRセンサーとは、被分散型分光法によって、ガスの検出や一酸化炭素、二酸化炭素などの濃度の測定を行う装置です。
気体を構成する分子には、それぞれに特定の周波数の赤外線を吸収するという性質があります。
センサーの一端にはNDIRセンサー用ランプがあり、そこから放射された赤外線が反対の端に設置された赤外線センサーによって受信され、その際の吸収されて受信しなかった周波数から管内のガスの成分を分析するものです。
この中でNDIRセンサー用ランプは、赤外線を安定して放射するという重要な役割を果たしています。
真空にした管球の中に赤外線を放射するフィラメントを設置するという、一般的な光源用のランプと同様の構造を持っていますが、一般的な光源用ランプとは違い、フィラメントの位置や赤外線量の安定性、反応速度の速さなどに格段の精密さが要求されます。
また、繰り返し使用するための耐久性も必要とされるため、製作に必要な技術を有しているメーカーも数社に限られています。

NDIRセンサー用ランプがテクノロジーを変えた

NDIRセンサー用ランプがテクノロジーを変えた NDIRセンサー用ランプは、NDIR方式ガス検出の技術を応用して開発されたものです。
co2測定は、一般的に良く知られた非分散型赤外線吸収法と呼ばれる、赤外放射吸収の原理に基づいたものです。
この原理を使うとセルの中に測定したいガスを放出でき測定の分析計を小型できました。
NDIRセンサー用ランプは、この原理を使うことでより測定機器が小さくなり赤外線放射の回析ができることから自動車用のランプをLED照明を使うことで1つにまとめ、その特性を活用する形でカラー技術を集積したものです。
まさにテクノロジーの進化が開発した技術の応用の例だといえるのです。
小型化。
ナノ化が進むことで組み立てにかかる部品は少なくなり、より高精度かつ高寿命の特徴を持つことができるようになります。
最近のNDIRセンサー用ランプなどに応用された技術は、産業・ビル・マンションなどで省電力や瞬間消費電力の最小化設計などに技術応用することができるようになりました。

新着情報

◎2024/2/13

情報を更新しました。
>NDIRセンサー用ランプの科学技術革命について
>NDIRセンサー用ランプの内部情報を理解して効果的な活用を
>NDIRセンサー用ランプの検査時間はどれぐらいなのか
>施設にNDIRセンサー用ランプを設置するメリット
>NDIRセンサー用ランプはどのような物質に反応するのか

◎2022/6/20

情報を更新しました。
>長期間二酸化酸素濃度を計測する業種で用いられるNDIRセンサー用ランプ
>NDIRセンサー用ランプのメリットについて
>NDIRセンサー用ランプのデメリットとはメリットとの比較
>NDIRセンサー用ランプがおすすめとされる理由
>NDIRセンサー用ランプの寿命はどれくらいか

◎2019/12/23

LEDを使ったNDIRセンサー用ランプ
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

NDIRセンサー用ランプの性能
の情報を更新しました。

◎2019/4/24

NDIRセンサー用ランプの活用
の情報を更新しました。

◎2019/2/7

NDIRセンサー用ランプのスペック
の情報を更新しました。

◎2018/12/11

NDIRセンサー用ランプの原理
の情報を更新しました。

◎2018/11/9

サイト公開しました

「ガス 濃度」
に関連するツイート
Twitter

---- 爆発の規模や被害の大小ではなく、爆発の事実が重要なのです。 ガスが予期しない場所で噴出していることは事実であり、再発防止策は確か「濃度測定」であり、根本的にガスの噴出を抑える対策は出されていません。 ...

---- 爆発の規模や被害の大小ではなく、爆発の事実が重要なのです。 ガスが予期しない場所で噴出していることは事実であり、再発防止策は確か「濃度測定」であり、根本的にガスの噴出を抑える対策は出されていません。 ...

返信先: #

返信先:あ、冷たいよりもガス濃度が強かったんだと思います😅 疲れてるだけかと思ったら周りの人も苦しいって😆

返信先: #